電話加入権を買うべきかを検討しよう|電話加入権の仕組み

情報漏洩とコスト削減

スマホを見せ合うカップル

法人携帯を導入しようか考えている会社はたくさんあるのではないでしょうか。社員の個人携帯で仕事を行なっていると情報面での管理が難しいという問題があります。法人携帯の必要性は高まっており、色々なサービスも提供されるようになっています。実際に法人携帯を導入している会社も増えており、この傾向はしばらく続きそうです。では、法人携帯を導入するメリットはどこにあるのでしょうか。この点をはっきりとさせることができれば、自社に法人携帯が必要かどうかの判断もやりやすくなると思います。導入効果として、真っ先に上がるのが通話料金のコストを削減できるということです。社員同士の連絡・やり取りが1日にどれくらいの頻度と時間あるかによっても必要性は変わってきますが、報告や相談はどの会社でも大切なことです。また、営業マンを多数抱える会社だと社外とのやり取りも多く、通話料金は大きな負担となっていることでしょう。法人契約で携帯を契約すると、その点での大幅な料金削減が見込めます。通信会社によって色々なプランがありますが、法人契約では通話料金・メール料金ともに安くなることがほとんどだからです。コスト削減を考えている会社は検討してみましょう。また、情報漏えい防止の観点からも法人携帯はメリットがあります。社員が個人の携帯で仕事を行なってしまうと、取引先の連絡先や顧客情報は社員の携帯に蓄積されます。仕事関連のメールデータも全て社員の携帯に残ることになるでしょう。万が一、社員が退職した際や携帯を紛失した際は、その情報が外部にでてしまうため大きなリスクを抱えていることになります。法人携帯であれば、紛失などの際にすぐに通信会社に連絡するとロックをかけてくれるサービスがあるため、情報漏えいを防止することができます。

Copyright © 2016 電話加入権を買うべきかを検討しよう|電話加入権の仕組み All Rights Reserved.