電話加入権を買うべきかを検討しよう|電話加入権の仕組み

新しい通信サービス

スマホ

MVNOは大手の通信会社から借りた回線を利用して、通信サービスを提供している会社です。年々増加しており、サービスの質も向上しています。利用する会社によっては、大幅に月額の通信料金を下げることが可能です。利用を検討してみましょう。

携帯料金を節約しよう

スマホを操作する人

格安SIMの会社を提供する会社は年々増加中です。数ヶ月に1度のタイミングで料金も安くなっているため、格安SIMを使うことで毎月の月額料金を大幅に安くすることができます。節約したい方は検討する価値のあるサービスだといえます。

情報漏洩とコスト削減

スマホを見せ合うカップル

法人携帯の必要性は徐々に高まっています。実際に導入している会社も増えてきましたが、まだ導入を迷っている会社も数多くあるのが現状です。メリットをしっかりと整理することで導入の判断を下しやすくなります。メリットを整理して検討してみましょう。

どっちがお得か比較する

サラリーマン

ADSLを引くためには固定電話回線が必要ですが、固定電話回線には電話加入権を購入しなければいけないタイプといらないタイプがあります。電話加入権が必要なタイプと不要なタイプでは電話料金に違いがあり、不要なタイプは月額の基本料金が割高に設定されていました。電話加入権は近年安くなっているため、加入権を買った方が得なのか不要なタイプが得なのか一見わかりづらい状況があります。どっちが得なのかを整理してみましょう。電話加入権を購入するには、37800円程度の費用が必要です。加入権不要のタイプであれば、37800円は必要がありませんが、割高になる基本料金が37800円浮いた分をすぐに埋めてしまう可能性があります。ここをしっかりと検討して判断することが大切ですが、簡単に基本料金の差額を計算すると約262円の違いがあります。月262円だと年間では約3000円程度の違いになるでしょう。一軒家や自社ビルを建設した場合、固定電話の回線は一生ものだと考えると、十数年で加入権を購入した方がお得になります。移転が多く、契約を解除したり、インターネットを使ったIP電話を頻繁に使う会社であれば、加入権不要の方がお得かもしれません。時期によって基本料金は違ってくるため、各自の現在の状況と将来計画を比較して検討する必要があります。しかし、加入権は後からでもつけられるという点も忘れてはいけません。最初は加入権不要で契約して、後々同じ地域に根を張ることが決まってから追加購入という方法もあります。仕組みを理解して最適な方法を選べるようにしましょう。

Copyright © 2016 電話加入権を買うべきかを検討しよう|電話加入権の仕組み All Rights Reserved.